結婚式でプレゼントを渡すタイミング


結婚式は、喜びに溢れる1日です。招待を受けたのであれば、ありがたくそのお誘いを受けるべきです。ご祝儀を持参して、ドレスアップして参列するのがマナーですが、特に深い付き合いのある方の結婚式であったり、たくさんの祝福をあげたいのであれば、別途プレゼントを持って行くのも良いでしょう。実際にそういったものを持って行く方は少なくありません。
とはいえ、渡すタイミングはしっかりと見極める必要があります。直接手渡したいところですが、主役の2人は朝から大忙しで、なかなかゲストとじっくり話す時間がもてないほどです。ですから、こういった日にプレゼントを直接渡すというのは難しいかもしれません。結婚式の受け付けなどで、受付係の方にメッセージなどを添えて渡すのがスマートなやり方です。
また、クロークなどで邪魔にならないくらいの大きさのプレゼントが良いでしょう。あまりに高価なものだと、万が一の紛失などもあり得ないことではないので、そういった高価なものは後日ご自宅などに招いてもらった際に直接渡すようにしましょう。
受け付けの方は、他にもたくさんのプレゼントを預かりますので、扱いにはなれています。確実に渡してくれますので、安心して預けるようにしましょう。
直接渡せなくても、その祝福の気持ちは必ず届いています。その後は存分に披露宴などを楽しみましょう。美味しいお料理や楽しい演出を満喫して、たくさんの祝福を注いであげましょう。